マカは1日にどれぐらい摂ればいいの?妊活中の摂取量の目安

2017年11月21日

マカの摂取量は?

・妊活中の人はマカを毎日継続して摂取しよう

これから妊活を始めるという人のなかにはマカに関心をもっている人も多いと思います。

マカというと以前は滋養強壮というイメージばかりクローズアップされていましたが、最近では、ホルモンバランスの改善、冷え症の改善、そして不妊体質の改善なども注目されていて、妊活サプリとしてマカサプリが非常に人気となっていますよね。

妊活中にマカサプリを飲むことはすごくおすすめです。妊娠力を上げる栄養素がたくさんあるというのはもちろんですが、毎日必要な摂取量を手軽に摂取できるというのもおすすめする理由です。

必要な栄養素は毎日継続して摂取していくことが大切です。昨日摂取しなかったから今日は昨日の分も摂取すれば大丈夫というわけにはいきません。食事で毎日必要な栄養素を摂取するということは簡単なことではありませんが、サプリメントなら毎日継続して摂取していくことができますよね。

 

・マカの1日の摂取量について

妊活中にマカの摂取していく際に気をつける必要があるのが1日の摂取量です。妊活の人にマカがおすすめといっても過剰摂取してしまうと思うような効果を得ることができませんし、身体にもよくありません。

マカの1日の摂取量は1500mg以上が目安となります。なので、販売されているマカサプリはメーカーが推奨している容量を飲めば1500mg以上になるようになっているマカサプリが多いと思います。なかには推奨されている容量を飲んでも1500mgを超えないマカサプリもあるので、サプリ選びをする際にしっかりチェックした方が良いでしょう。

先ほど、過剰摂取は注意と言いましたが、1日3000mgまでなら過剰摂取とはならないので、サプリメントで過剰摂取しなければ、食事とマカサプリ合わせても過剰摂取となることはほとんどありません。

マカは天然の食品(アブラナ科の植物)なので、基本的には副作用の心配はありませんが、アレルギーで体質に合わない可能性もあります。ブロッコリーやキャベツもアブラナ科の植物なので、こういった食べ物でアレルギーが出るという人はマカもアレルギーが出てしまうかもしれません。

そういう人は、いきなり1500mg以上摂取しようとするのではなく、最初は少しの量を摂取してみて様子を見ながら摂取量を増やしていった方がいいでしょう。

マカの摂取量はマカサプリを飲む人はメーカーが勧める容量を守っておけば基本的に問題ないのであまり気にすることもないと思いますが、1日1500mg以上というのが目安というのは頭の片隅にでも入れておくと良いでしょう。

 

妊活サプリの決定版!不妊の人におすすめのマカサプリ「マカナ」4つの特徴とは?